ソフトウェアの更新

Gracenote メディアデータベース、ナビゲーションの地図データの更新により、システムを最新状態に保つことができます。

Gracenoteメディアデータベース

Gracenoteの役割:

メディアデータベースを利用することで、オーディオ再生時に表示される楽曲情報やアルバムアートを正しい情報に補正したり、アーティスト名やアルバム名などの音声認識率を向上させることができます。Gracenote更新に関する手順はここをクリックしてください。

最新の Gracenote メディアデータベースをダウンロードするには、ここをクリック。

注意: お客様がお使いのマツダコネクトのバージョンによっては、Gracenoteメディアデータベースのバージョンが既に最新の場合があります。データベースが最新の場合は、アップデート作業は必要ありません。以下の方法で、現在マツダコネクトに組み込まれている Gracenoteメディアデータベースのバージョンを確認することができます。

確認方法

  1. 車両でマツダコネクトを起動し、Settings > システム(タブ) > システム情報 > バージョン情報 を選択します。
  2. 表示されたバージョン情報画面の"Music Database (ミュージック・データベース)"の数字が Gracenoteメディアデータベースのバージョンです。

 

注意:

※現在当WEBサイトでダウンロード可能なGracenoteメディアデータベースのバージョンは、" 00.08.000 " です。左記「確認方法」の手順でご確認いただいたバージョンの数字がこれよりも小さい場合はアップデートの作業が有効です。

※お使いのマツダコネクトのプログラムのバージョンが “55.00.200” もしくは“55.00.650” のお客様は、コネクティビティ・マスタ・ユニットのプログラムを“56.00.220”以降へアップデートする必要がありますので、マツダ特約販売店までお問い合わせください。

※Gracenoteメディアデータベースの更新により、最新の楽曲情報とアルバムアートが表示できるようになりますが、同時に既存の情報も見直しておりますので、従来表示されていた楽曲情報やアルバムアートが変化する場合があります。

地図データ

最新の地図データに更新することで、ナビゲーションシステムはより正確に動作することができます。定期的に、地図データの更新状況をご確認ください。

地図データの更新には地図データ「更新ツール」が必要です。「更新ツール」をお手持ちのPCにダウンロードすることで、利用可能な更新データの閲覧、インターネットからの必要ファイルのダウンロードや更新ができます。

 「更新ツール」のダウンロードおよび地図データの更新方法については、地図データ更新専用ページ(※1)をご覧ください。

※1:

ショップオプションの"ナビゲーション用SDカードPLUS"[部品番号:G46Y 79 EZ1(※2)]専用です。

   
※2:

末尾の文字(*部分)はお客さまによって異なります(9桁目まで共通)

部品番号は、SDカード本体のラベルにてご確認ください。

 

 

注意:

- ナビゲーションの購入から3年間無料更新付(地図データは年1回更新:インターネットを通じてお客様ご自身で更新頂きます。通信費はお客様のご負担となります。)

- 地図データの「更新ツール」をご利用いただくには、以下のPC環境が必要です。

※PC環境をお持ちでない場合は、販売店が窓口となって地図更新を実施するサービスもご用意しています。サービスの内容や金額など、詳しくはマツダ特約販売店におたずねください。

<OS>

  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8.1
  • Windows 10

※Windows 10 Mobile、Windows 10 IoT Coreには対応しておりません。

 

<その他>

  • インターネット接続環境(ブロードバンド)
  • 25GB以上のハードディスク空き容量
  • 1024×768以上のディスプレイ解像度
  • SDカードスロット(SDHC対応)